季節のお野菜生産者特集

自分の目で見て、触って、野菜と深く関わりを持つことが大切です。
渋谷さんの九条ネギの特徴
九条ねぎはおいしい時の全長が75~85㎝と言われています。うちの農園の九条ねぎは食べ頃に収穫することを徹底し、お客さんに一番おいしい状態で食べてもらいたいと思っています。
農家さんの経歴
茨城に生まれ、タイのバンコクに住んだ後、三重県の農業高校に入学し農業を学びました。
卒業後は農家での研修や、母校で助手等を務めた後、24歳私は大学時代から実家の農業を手伝い、
卒業と同時に本格的に農業を始めました。
今
突撃インタビュー
Q1.生産地域の八幡という土地は?
八幡は砂地もあれば粘土質もあるところで地域によって土質が変わります。
必ずしも九条ねぎを育てやすい環境ということはないので、地域に合わせて育ちやすい環境作りに工夫しています。
Q2.生育中のこだわり・工夫はなんですか?
有機肥料を使った土づくりにもこだわってはいますが、先ずは“良い苗を作ること”。
これが一番大事です。良い苗は根がしっかりしています。根は人間でいうところの胃袋です。
人間がものを食べないと元気が出ないのと一緒で、根が丈夫や
Q3.生育中に気を付けていることはありますか?
夏場と冬場の九条ねぎでは育つ環境が
全く違います。同じ野菜を一年通して生産すると、
季節に応じた育て方が必要になってきます。植えつけを一週間間違えると収穫に大きく響くため、常に気が張ります。また、朝と夕では野菜の顔色が変わりますが、野菜が出すサインに気づくことも重要です。
そのためには毎日自分の目で見て、触って、野菜と深く関わりを持つことが大切だと考えています。
Q4.渋谷さんのおすすめの食べ方はなんですか?
夏場はお肉と九条ねぎと季節の野菜を焼
Q5.農家で良かったと思うことはなんですか?
良い野菜が獲れた時はとにかく嬉しいです。お客さんや取引先から「おいしい」と声をかけてもらうと力になります。
Q6.今後実現したいことはなんですか?
今後は、品質の高い野菜を一年中
欠かさずに提供していけるように、
天候に左右されない栽培環境を作ることを実現したいです。天候不順に対しても“どのように種を蒔いて”“どのように植えていくのか”僕らのアプローチが試されます。
九条ねぎの見分け方
葉先がまっすぐで、変色していない九条ねぎは鮮度が良いです。太さが揃っていると、味にムラがなく美味しいです。
九条ねぎの歴史
紀元前より中国で栽培されていた原種が朝鮮半島を経て渡来し、古くは「日本書紀」にその記述が見られます。
そして浪速(大阪)から平安建都以前の和銅四年(711年)、稲荷神社が建立されたときに京都で栽培が始まったという口伝えがあります。
九条ねぎの栄養素
緑の葉の部分には、栄養が詰まっており、ガン予防に効果のあるカロテンやビタミンBを多く含んでいます。
ねぎ独特の刺激臭と辛みは、消化液を分泌し、食欲増進や体を温める効果があり、肩こりや冷え性の女性にもおすすめです。
渋谷さんの一日
年間のスケジュール
苦労したこと
九条ねぎがうまく育たない時は悩まされます。育たない原因を
「これやろ!」と見つけても、全く同じ環境で検証できるのは一年後の同じ時期だけ。
いつももどかしい思いをしています。一年に一度の限られた時間の中で試行錯誤しながら野菜を育てるので大変ですね。
渋谷さんの九条ねぎ畑

過去の生産者特集一覧

ページトップへ