季節のお野菜生産者特集

胡瓜 中西富士男 伏見区向島ではNO.1の胡瓜農家です。
農家さんの経歴:昭和45年生まれ 生まれも育ちも伏見区向島 43歳 高校を卒業して5年間ほどサラリーマンとして働いたのち、実家の農家を継ぎました。
中西さんの突撃インタビュー
Q1.伏見区向島の良いところは?:市場が近いので朝市で収穫した新鮮な野菜をすぐに届けられることです。
Q2.生育中のこだわりはなんですか?:植物にとって良い菌を液肥の中に入れます。この作業をすることで病気を減らし、農薬を減らすことができます。
Q3.出荷品のこだわりはなんですか?:出荷の際、長さや色がそろっているか気をつけています。
Q4.生産者だから知っている美味しさの見分け方は?:光沢があり、色むらのない物を選ぶと美味しいです。色ぼけしているのは古い証拠です。
Q
中西さんのちょっと知恵袋:いぼが立っているからといって新鮮なわけではありません。本当に新鮮な胡瓜は色つやが良くみずみずしいです。

京野菜の豆知識:胡瓜の原産地はインド北部からネパールにかけてのヒマラヤ山麓といわれています。インドでは少なくとも3000年以上前には栽培されていて、西アジアでも紀元前に定着していたと考えられています。日本へは10世紀頃(一説には6世紀頃)には渡来していましたが、栽培が盛んになったのは江戸時代後期になってからです。農業全書(1697年)には、「黄瓜の名は胡瓜、是下品の瓜にて
胡瓜の栄養素:免疫力を高め、抗酸化作用により老化やがん予防によいとされるβカロテンも多少含まれています。
一度に食べられる量が多いので、栄養が採れる野菜といえます。
また、ナトリウムを排出させる作用のあるカリウムを多く含んでいるので高血圧や生活習慣病の予防に効果が期待できます。
利尿作用もあるので、夏場のむくみ対策やほてりを抑え体を冷やす効果もあります。
中西さんの一日
年、季節、月のスケジュール
中西さんの苦労したこと:ハウス栽培なので、夏場の暑い時の収穫が大変です。
また、胡瓜は暑さ寒さなど天候に左右されやすい野菜なので栽培に苦労します。

過去の生産者特集一覧

ページトップへ