京みず菜

京みず菜 商品写真

洛市の京みず菜の特徴

京都の伝統と風土が育んだ『京みず菜』。やわらかく、シャキシャキした食感です。
おひたし、炒め物、サラダに最適。
肉の臭みを消す効果があるため、
お肉料理などにもピッタリ!

洛市の京みず菜の特徴

京みず菜とは

日本特有の野菜で京都の文化が育てた冬の京野菜の代表です。葉柄が繊細で細く白く、葉の緑とのコントラストが美しい野菜です。臭みの無い淡白な味わいと歯触りが特徴で、しゃきしゃきとした歯ごたえが特徴です。

おすすめの食べ方

和え物、鍋物、汁物、煮物など様々な料理に使えます。
肉の臭みをとってくれるので、
ハリハリ鍋など鍋物や
お揚げとの煮物、
またそのままサラダにしても
美味しいです。

栄養素

β-カロチン、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、カルシウム、鉄分
ビタミン、ミネラルのバランスがよく栄養豊富なみず菜ですが、女性に嬉しいのはコラーゲンを合成するビタミンCがとても豊富なことです。おいしく食べて美肌 効果が期待できる一石二鳥のすぐれ野菜です。
また、赤血球の材料となる鉄分が豊富なので疲れにくくなる効果も期待できます。肌荒れに悩んでいたり、貧血で 疲れがちな女性の方には積極的に摂っていただきたい野菜です。

歴史

水菜の歴史は古く、平安時代にはすでに京都周辺で栽培されていたようです。
江戸時代の農学書には「水菜は蕪の葉より旨く、その種子から採った油を刀剣に塗ると錆びない」という記述があります。
また、みず菜と呼ばれるようになったのは、肥料などを用いず、畦間に水を貯めて栽培していたことから「水菜」と名がついたそうです。

収穫時期

収穫時期:1月~12月

京みず菜生産者紹介

京都府綾部 農夢さん

京都府綾部 農夢さん
低農薬、有機肥料で栽培し、消費者に安全・安心を届けます。

京都府城陽 アグリ城陽さん

京都府城陽 アグリ城陽さん
京都産独特のやわらかいみず菜を食べていただきたい。

京都府久御山 加護さん

京都府久御山 加護さん
低農薬・有機肥料で作ったクセのない小松菜です。

ページトップへ