壬生菜

壬生菜 商品写真

洛市の壬生菜の特徴

京都では別名「まるば」と言われる丸葉みず菜。京みず菜とはひと味違い少しピリッとする辛みと香りがあります。浅漬け、サラダはもちろん京みず菜のようにお鍋に入れたり、油揚げと炊いたり、おつゆにも。

洛市の壬生菜の特徴

壬生菜とは

京都府が原産の水菜の一品種です。水菜とよく似ていますが、水菜と違い葉にギザギザが無く細長く丸い形をしています。壬生菜は水菜とともに京菜とも呼ばれ、
関西では古くから
親しまれている冬の野菜です。
水菜と並び京都の
伝統野菜のひとつです。

おすすめの食べ方

主に漬物にされますが、浅漬けにすると、かすかにカラシの風味もあって美味しいです。また、ぴりっと辛みのある壬生菜は、和食だけでなくエスニック料理などにも利用できます。
スープやサラダの他、
油とも合うので炒め物にも
適しています。

栄養素

肌にいいビタミンCと食物繊維両方が含まれている壬生菜。
またビタミンCは風邪の予防や骨を丈夫にする効果、肝臓の解毒にも役立つと言われています。壬生菜はビタミンCがほうれん草の約1.4倍も含まれています。

歴史

京都市中京区壬生の原産で、江戸時代に生まれた京菜の雑種。壬生地区に多く栽培されていたことから、壬生菜と呼ばれるようになりました。その後、江戸時代末期には壬生地区が住宅地や工業地に変わっていたことから、栽培地は南下していきました。現在壬生菜は水菜の変種のひとつとされ、1800年代頃に自然交雑によって生まれたと言われています。

収穫時期

収穫時期:10月~6月

壬生菜生産者紹介

京都府京丹波 北井さん

京都府京丹波 北井さん
有機肥料にこだわった野菜作りを行っています。

ページトップへ