こどもピーマン

こどもピーマン 商品写真

洛市のこどもピーマンの特徴

ピーマン特有の苦みが無く子供も
喜ぶピーマン。
肉厚で食べ応えがありとってもジューシー!炒め物、揚げ物がおすすめ。肉詰めにすれば栄養満点のお弁当に。

洛市のこどもピーマンの特徴
こどもピーマン

こどもピーマンとは

こどもピーマンは一般的なピーマンやパプリカとは形状も味も異なり、肉厚でジューシーさを持つ、これまでにない新しいタイプのピーマンです。
長さ約10cmほどの小ぶりなサイズ、艶やかな緑色でかわいらしい形をしています。
最大の特徴は従来のピーマンのような苦みがほとんど感じられず、子供でも食べやすく作られています。

おすすめの食べ方

肉厚でジューシーな食感があるので、炒め物はもちろん、グリルで丸ごと素焼きにするのもおすすめです。
また、煮込み料理や炒め物に適しているのはもちろん、従来のピーマンと比べて苦みや青臭さが無いので、サラダなど生で食べても美味しいです。

栄養素

一般的なピーマンに比べて、ビタミンCやカロテンが多く含まれています。カロテンは活性酸素の働きを抑制する作用により、体の老化やガンを防ぐ効果があります。また免疫力を活性化し、風邪を予防する働きもあります。

歴史

こどもピーマンの元となっているのは、メキシコで有名なハラペノです。
ハラペノトウガラシは、肉厚でジューシー、生でも熱を通しても非常に美味しい品種ですが、日本ではその強烈な辛さで有名です。そのような中、メキシコ向けトウガラシを育成して検定を重ねる途中で、偶然にも全く辛くない個体が見つかりました。この個体から日本に向く「こどもピーマン」の育成を開始しました。

収穫時期

収穫時期:7月~8月

こどもピーマン生産者紹介

京都府亀岡 中澤さん

京都府亀岡 中澤さん
CO2削減のため、炭を畑に埋めて作るなど、安心・安全な環境にやさしい野菜作りをしています。

京都府精華町 井上さん

京都府精華町 井上さん
できる限りの無農薬を目指しています。

ページトップへ