菜の花

菜の花 商品写真

洛市の菜の花の特徴

春の香りたっぷりの京都の『菜の花』。
おひたし、からし和え、天ぷら等、
『菜の花』特有のくせになる、にがみ、あまみをご堪能下さい。

洛市の菜の花の特徴
ちょうちょ

菜の花とは

菜とは食用の意味であり、菜の花とは食用の花の意味です。
在来種アブラナや、セイヨウアブラナの花序や若芽が利用され、最近はコウタイサイなど中国野菜由来の新品種も登場しています。
食用生産が多いのは香川県、
高知県、千葉県、三重県などです。

おすすめの食べ方

さっとゆでておひたしにするのが定番のおいしい食べ方です。菜の花には独特の苦みがあるので、塩味の効いたレシピによく合います。パスタなどに和えて食べると美味しいです。

栄養素

菜の花はとても栄養価の高い緑黄色野菜です。βカロテンやビタミンB1・B2、ビタミンC、鉄、カルシウム、カリウム、食物繊維などの豊富な栄養素をバランスよく含んでいます。
カロテンやビタミンCは免疫力を高め、
がん予防やかぜ予防に効果が期待できる
とともに、 お肌を美しくする効果もあります。
また体内の塩分バランスを保つカリウムも豊富で、
高血圧の予防や治療中の方の食事としても向いています。

歴史

菜の花はナタネ油を採ったり、若い芽や茎を食べるために昔から栽培されていました。飛鳥時代には花芽を食用としていて、日本書紀にも記載されています。
また、室町時代になると食用以外に行灯や食用の油、油かすは肥料として利用されていました。

収穫時期

収穫時期:12月~3月

菜の花生産者紹介

京都府亀岡 関さん

京都府亀岡 関さん
有機栽培の安心野菜です。ぜひご賞味ください。

京都府亀岡 黒田さん

京都府亀岡 黒田さん
旬の味を味わってみてください!

京都府亀岡 鴨井さん

京都府亀岡 鴨井さん
旬の味を味わってみてください!

ページトップへ